>> English

 
 


 大豆ルネサンス講座とは

 大豆は日本人の食生活には欠かせない伝統的な食品素材です。私たちは、大豆を高度に加工して様々な食品を生み出してきました。豆腐はほとんどの人に好まれる食品で あり、味噌・醤油は和食の味には不可欠な調味料です。また大豆には、健康に寄与することが認められている多くの成分が含まれています。しかし、世界的には、油糧種子として認知されている大豆の食経験を持つ人は意外に少なく、それゆえ "食"としての研究も十分にはなされてはいません。従って、大豆の研究を進めることで、革新的な食品素材が生まれる可能性は大きいと考えています。

 本共同研究講座では、不二製油株式会社が長年にわたり蓄積した大豆および大豆食品研究の知見を利用するとともに更に発展させる一方、学術的に先端レベルの検討を行うため、京都大学大学院農学研究科の「品質評価学分野」および「食品分子 機能学分野」の 2 講座との共同研究体制を取り、風味/物性/栄養機能のいずれの点においても革新的な技術の開発することで、大豆に対して"食"としての"新たな価値創造"を行うこと、すなわち「大豆ルネサンス」の実現を目標としています。






〒611-0011
京都府宇治市五ヶ庄
京都大学大学院農学研究科農学専攻
「不二製油」大豆ルネサンス講座

TEL: 0774-38-3781
E-mail: fujisoy(at mark)kais.kyoto-u.ac.jp